消毒用エタノールでお掃除!どう使うと効果的なの?

雑巾で拭き掃除 消毒用エタノールでお掃除してみよう

消毒できる。お掃除できる。エタノールの使い方。

消毒できる。お掃除できる。
さっそく買ってきた消毒用エタノール。

どのようにお掃除に使うと効果的なの?

スプレーして拭き掃除で、除菌&手垢落とし

気になってた!消毒したかった!

例えば、入居したての賃貸アパートの除菌&手垢落とし。

トイレやお部屋のドアのノブ(取っ手)。
冷蔵庫の中も外も。
お部屋の壁や窓なら直接やさしくスプレーして、クロスや雑巾で拭き掃除しましょう。

ドアノブやサッシなど部分的な箇所なら、クロスや雑巾にスプレーして拭きましょう。

リモコンの表面なら、軽く消毒用エタノールを付けたクロスで拭いてみましょう。
(リモコンの細かい隙間なら、綿棒に無水エタノールを少しつけて拭いてみましょう。電気機器をお掃除する場合、たっぷりエタノールを使いたいなら「無水エタノール」を使いましょう。)

油を溶かす作用もあり、手垢や皮脂の汚れを落とすのにも役立ってくれます。
(ワックスなど塗装も溶かすので気をつけてください)

知らない人が住んでた部屋、みんながベタベタ触ったドアノブやリモコン、衛生面を気にしたい冷蔵庫、さまざまなシーンの除菌・消毒に効果的。

玄関や水回りのカビと悪臭の防止

玄関のカビと悪臭を抑えましょう。

押入れやクローゼットの中、玄関の靴入れを「消毒用エタノール」で拭き掃除。
ズバリ殺菌作用で、カビが死滅します。
雑菌が原因となる臭いも消してくれます。

畳のカビにも効果があるようです。
ただ表面を拭くしか出来ないので、風を通してジメジメさせないのが一番です。

キッチンやトイレなど水回りのカビ防止にも役立ちます。

インフルエンザの感染予防

上記のようなお掃除をしていると綺麗になるだけでなく、インフルエンザなどのウイルスを殺菌して感染の予防を期待できます。

※エタノールでは効果の無い(または効果の弱い)ウイルスもあります。

必ず注意事項を確認してから

基本的な扱い方が確認できましたね。

さてやってみる前に覚えておく注意があります。それは…

消毒用エタノールでお家のお掃除|危険の無いように注意事項を確認しようをご覧下さい。

■追記■

使用法や注意事項は使用する商品の記載にしたがってください。

使用する商品、使用する場所、濃度、量、方法によって作用が強すぎることもあります。

特に拭き掃除による塗装の剥がれ、また換気の不備にご注意ください。

メーカーの注意やラベル記載事項などに必ず気をつけ、従いましょう。

消毒用エタノールは、通販サイトで購入が可能です。(※当店のサービスではありません)

お手軽サイズや大きいボトルなどいろいろあります。

どれを使うにしても、メーカーの注意やラベル記載事項などに必ず気をつけ、従いましょう。

エタノールでお家のお掃除 関連記事

コメント