消毒用エタノールでお掃除する前に注意事項を確認しよう

注意 消毒用エタノールでお掃除してみよう

消毒用エタノールでお掃除する前に注意事項を確認しよう

別記事「消毒用エタノールでお家のお掃除|どう使うと効果的なの?」で基本的な扱い方が確認できましたね。

さてエタノールを使ってお掃除してみる前に覚えておく注意があります。
必ず確認しましょう。

■追記■

使用法や注意事項は使用する商品の記載にしたがってください。

使用する商品、使用する場所、濃度、量、方法によって作用が強すぎることもあります。

特に拭き掃除による塗装の剥がれ、また換気の不備にご注意ください。

電気製品のお掃除はコンセントを抜いてから

電気製品の拭き掃除にも、消毒用エタノールが活躍します。
家電や電気器具の表面を拭いたり、コードや配線の汚れを拭いたり。
しかしお掃除の前に、電源を切ってコンセントは抜いておきましょう。

電気機器の込み入った箇所・ボタンのスキマや内部をお掃除したい場合、エタノールを使いたいなら「無水エタノール」を使いましょう。

また電化製品をはじめ、他のどんなものも同様ですが、入り込んでしまって乾燥が確認できない・拭き取れないような箇所に使わないでください。

引火性あり!キッチン掃除に使うなら火気厳禁

油も溶かす作用があるので、キッチンの壁の軽い油汚れにスプレーして拭き掃除。
効果的です。

しかしエタノールには引火性があります。
作業前後も含め、火の気を絶対に近づけてはいけません。
火気厳禁です。

しっかり換気しエタノールが揮発しきるまで、点火してはダメですよ。

吸い込み注意!しっかり換気をしましょう

スプレー型の消毒用エタノールでつい、たくさんスプレーシュッシュ!

気持ちはわかりますが、一気にたくさん吹きつけて空気中を揮発したエタノールだらけにしないように気をつけましょう。

吸い込みすぎると、呼吸困難になったり酔ったりします。

使用中、使用後にしっかり換気をしてください。

アルコールだけど絶対に飲まない

お酒の成分のアルコールではありますが、エタノールとして売っているものは絶対に飲むのはやめましょう
消毒用エタノールからお酒ができているわけでは無いです。

もちろん間違って飲んだりしないように、しっかり保管するのも大事です。

長時間触れるなら手袋をつけて

拭き掃除を長時間、直接触れ続けるなら手荒れをするかもしれません。

脂分を溶かしたりできる強い薬品です。
短時間でも肌が弱くなくても、ビニール手袋をして取り扱いをしましょう。

ニス塗り家具、皮製品、スチール製品には使わない

ニスやラッカーを溶かして、はがれの原因にもなります。
皮やスチールを変色させることもあります。

ワックスも含め塗装によっては使わないほうがいいでしょう。

使用する製品自体や、消毒用エタノールの記載に注意してください。

保管は密閉、火の気のない、子供の届かない場所へ

保管するときは密閉、直射日光の当たらない冷暗所で、火の気の無いところ。

また、子供の手の届かない場所にしましょう。

傷口に塗ったら激痛らしいですよ

消毒だから!って市販の傷口消毒液のようにケガしたところに使うと、ものすごく痛いらしいです。

とても試す勇気はありませんが、激痛らしいのでやめましょう。

メーカーの注意やラベル記載事項などに必ず気をつけ、従いましょう。

3回に渡って、消毒用エタノールを使ったお掃除の基本をおさえてみました。

消毒用エタノールは、通販サイトで購入が可能です。(※当店のサービスではありません)

お手軽サイズや大きいボトルなどいろいろあります。

どれを使うにしても、メーカーの注意やラベル記載事項などに必ず気をつけ、従いましょう。

消毒用エタノールでのお掃除は目に見える効果は少ないですが、気になる箇所が多いとなかなか大変です。

塗装面などにしっかり気をつけて、水拭きと併用しましょう。

さあ、お家をキレイに保っていきましょう!
キレイになるって気持ち良い!

エタノールでお家のお掃除 関連記事

コメント